営業時間:午前11:00 〜午後7:00
休廊日:毎週水曜日


企画展
 

ちいさな石彫
展 会場の展示準備

2008年10月3日(金)
Page 1 2 3 4 5 6
11



本展覧会の準備は
2日(木)午前10時から開始。

いつもの画廊の展示スタッフ2名
(時岡/八反田)さん)と共に
作品の梱包を開け、概略の配置を実施して終了。


翌3日午後1時前に
眞板さんが来廊され、
いよいよ本格的な展示に入りました。

竹を使って
本展覧会の設(しつら)えすると
お聞きしていましたので、
いつも使われているという真竹の代わりに
孟宗竹を用意しました。

友人の山本君が
財田の山に入り薮蚊に刺されながら
2日9時頃画廊に運んでくれました。
有り難うございました。


竹の他に大きい壷か瓶か傘立てでも
有ればということでしたので、
家で見つけた瓶(?)を
用意しました。


その延長線上で。
いつもお世話になっている白石さんが
大量のすすきに、萩、コスモスなどを
3日昼前に画廊に運んで
下さいました。お礼申し上げます。



11

眞板さんが3日午後1時前来廊
いよいよ最終展示の開始です。


11


孟宗竹とすすき他





実はこのすすきと萩、コスモスなど
ちょっとした裏話なのですが。


展覧会の設えについて
眞板さんに何を用意すればいいか
お尋ねしたとき
早朝の散歩で野草を適当に
採るからとお聞きしていました。

でもこ丸亀界隈には
意外と有るようで無いのではと考え
それではと白石さんに
お話ししました。

「作家には作家の思いがあるので
こちらの思いとは違うだろう」というのが
白石さんの言葉。

さすがに今思えば
その通りになりました。
すすきを大胆に使ってなどと
想像していたこちらの思いが
見事に外れてしまいました。


それはこの続きを
最後まで見ていただければ
すぐに解ります。




 

   11


 白石さんが
概略展示された作品を鑑賞。
しかし、この配置は全く
変わってしまいます。


11

近くの讃岐うどんを食べて、
といっても眞板さんは車中食で
うどんは遠慮

画廊に帰って
一服しているところです。


       11

眞板さんの作品は
微妙な部分が有るので
本人自ら梱包から
作品を取り出す。





11

さてこれからどうしようと、
思案しながら
次々と配置を決めていく。



11

作品は作家毎にまとめて
展示することに。



 11

2つのスペースに展示するため
前日の展示を
どんどん入れ替えているところ。



11

1Fギャラリーの中央には
何も展示しないことになり、眞板さんの
作品も半地下へ。




11

半地下への展示中





彫 刻とドローイングの展示を
うまくバランスさせるのは
中々困難な作業。


石の種類や色とサイズ、さらに
ドローイングの色とサイズが加わり
石と絵を同時に満足させるのに
いくつか移動を繰り返し完了。

前日とは一変した空間が生まれました。

いよいよ最終的な
会場の設えに移る。

11
 
1Fギャラリーの階段を下りたところに
天井と床で支えるアイデアで
竹を一本立てる。

それに眞板さん独自の
縄のテクニックで
いぐさ縄と棕櫚縄で一本の竹を
神聖な結界と花入れに仕立てる。



11

いぐさ縄の最初の
括り方に
独自の工夫が凝らされている。
左手側の輪がその秘密。


11


最終の段階で縄を輪に入れて
引っ張れば
ぎゅっと締め付けることができる。
こればミソらしい。


11

棕櫚縄の括りです。


       
11

棕櫚縄の括りの手さばきも
職人技
みるみる仕上がっていきます。

眞板さんのこの繊細な感覚
ちょっとした驚きでした。

11
 
眞板さんの後ろ側、
階段を降りたところに完成。

これで一件落着。
とりあえずご苦労様でした。

でも外の設えはこれからですが。


Page 1 2 3 4 5 6




トップアーティスト企画/報道
ショップ
プロジェクトや企画展のお問合せは
TEL 0877-24-0927
E-mail:info@artland-gallery.jp


ご購入のお問合せ/ご相談は
TEL 0877-24-0927
E-mail:sales@artland-gallery.jp


あーとらんど ギャラリー/ARTLAND Gallery は、
あーと」との素晴らしい出会いを育む「らんど」として
皆様のお役に立てることを願っています。

Copyright(C) 2004 ARTLAND Gallery Co.,Ltd All rights reserved.

Artland