営業時間:午前10:00 〜午後6:30
休廊日:毎週水曜日


アーティスト
Japanese/EnglishChinese
筆塚稔尚(ふでづか としひさ)

1957 香川県生まれ
1981 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科卒業
1983 東京芸術大学 大学院 美術専攻科終了
1989-90 客員研究員/カナダ政府奨学金、アルバータ州立大学、カナダ
2000-01 文化庁在外研修員、(ポーランド)

■ 国際展/グループ展 最近の受賞
2004 カタール 芸術文化祭 招待出品 ドーハ (カタール)
   日本現代版画 ダブリン (アイルランド)
   現代版画 技法と表現 黒部市美術館(富山)
   日本の木版画100年展 〜創作木版画から新しい版表現へ〜
   名古屋市美術館(愛知)
   現代版画の潮流展 町田国際版画美術館 東京
2005 DOMANI展 文化庁在外研修の成果 損保ジャパン東郷青児美術館(東京)
   現代版画の潮流展 町田市立国際版画美術館 (東京)、 松本市美術館(長野)
   ウッジ国際版画トリエンナーレ展2005(ポーランド)
2006 プリント・アート魅せる現代版画 横浜市民ギャラリーあざみ野(神奈川)
   第7回バラート・ババン国際版画ビエンナーレ展 ニューデリー(インド)

筆塚稔尚さんの近況(2006年9月)

「観察するちから」

 この前の個展、ここあーとらんどの個展の際に、画廊を訪れてくれた年配の女性の方と話をしていると、面白い体験談を聞くことができました。

「私も少し絵を習ったことがあって、一緒に絵を描く方の中にとても上手く野菜を描く人がいたので、どうやったらそんなに上手く野菜が描けるんですかって聞いたのね。そしたら、私八百屋をやっていました。っておっしゃったのね。やはり見るところが違うわね。」 …そう話してくれました。
 さすがに僕が野菜を描いても、造形的には僕のほうが上手いかもしれませんが、野菜に込める愛情のようなものはそのおばさんには及ばないでしょうね。毎日触っているし、商売ですから美味しくなさそうなものは即生活に関わります。真剣に野菜と付き合っている様は、絵描きの観察とは違った角度からの、愛情の深さが異なります。

 ちょっと感じは違うかも知れませんが、僕の大学生の頃の話。僕はヌードを描くときに、よく他のクラスにもぐりこんで絵を描いていました。どうも女性を描くなら、やはりただ美しいモデルさんよりは愛情を注げる「人」を描きたいのです。そういう絵を描きたいと気に入ったモデルさんなら、世間話でもして、せめて絵の中だけでも彼女として描きたいのが人情。 当時は今よりもモデルさんの年齢も高く、厚化粧・三段バラ肉 (失礼な言い方ですが…) の方が多く、当時の僕にはどうしても描く対象には思えなかったので、そういうワガママナ行動に出たのです。今でもそのときの鉛筆デッサンの姿は、大切にとってありますし、後日ビュランで銅版に起こしました。

 久しぶりに、5年前から不定期に大学で教えるようになってからは、関係もないのに大学一年生のヌードの授業に出かけて、学生を観察します。ポーズの前に「お願いします。」終わったら「ありがとうございました。」というのが礼儀ですが、最近の学生はそういうことも出来ないことに気が付きました。結果としての絵のことは色々いっても、絵を描くに当たっての人間としての、画家の姿勢のようなものは誰も気付かせないのですね。だから愛情のない観察のない絵ばかりです。そんなことしなくても、ものを見る方向はそれぞれ違うので、それぞれが観察することで個性はおのずと出てくるのですが。
 それがきっかけで、そこで僕は「みんなが描いているモデルさんには名前があって年齢があって、気になる本があって、趣味が合って、悩みがあって…今までの経験や知識というものがあって、…一人の血の流れる人格のある女性なんだから、そういう気持ちで人(モデルさん)と接してほしい。石膏像を描いているのとは違うんだよ!」…担任でもない、毎年の僕の4月はこうやって始りますが、大きなお世話ですよねまったく。

 実は、モデルさんという対象は学校で大量の学生に大量に絵を教えるときの方便で、とてもいびつな方法なのです。それ以前は、絵を発注する人(パトロン)が絵にしたい人物をつれてきたり、例えば奥方や嫁入り前の自分の娘だったり、とても具体的な対象でした。それに、絵描きは美しく見せようとしたり、その人の性格まで出そうとしたり。発注者は「もっと可愛く描け!」とか注文が入ったり…。愛情深く描けたら、絵描きは発注者から密通したのではないかと言いがかりを掛けられたり。そんな人間的なかかわりの中から絵は生まれて来たのです。そんなことも絵画の歴史が続くと忘れ去られて、絵から魂が抜け、巨大な美術館で眺められる対象物になってしまうんですね。…話がズレそうなのを我慢します

人が作ったもの。いい絵とは、そういうことまで見る側に想像させます。そして理解することにも見る人の経験と見ることの経験を要求します。出会いは奇跡です。本と同じですね。本のように数年後に読み返しても発見があって自分の読む深さが増したことに気が付かせてくれる本もあれば、どうしてこんな本を買ってしまったのか読み返したくもなくなる本もおあります。絵にも手垢こそ尽きませんが、一枚の絵の向こう側とこっち側で、違った観察力が交差するんですね。今度絵を眺めるときには、どんな人々が残してくれた絵なのか、感謝しながら調べてみるのも面白いかもしれません。違った絵に見えてくるかもしれませんよ。



「ピカソを超えてる牛!」
 山形県の神社のお札?山形県資料館にて?何気ないお札ですがこんな素晴らしいものが残っているんですね。どこの誰が残したのかわかりませんが、僕の中では国宝です。



あーとらんど ギャラリー/ARTLAND Gallery は、
あーと」との素晴らしい出会いを育む「らんど」(土地)として、 皆様のお役に立てることを願っています。


ARTLAND Gallery |トップアーティスト企画/報道ショップ
プロジェクトや企画展のお問合せは  info@artland-gallery.jp
11
11
11
Copyright(C) 2009 ARTLAND Gallery Co.,Ltd All rights reserved
受 付 TEL 0877-24-0927 FAX 0877-56-1568
アートランドギャラリー