営業時間:午前10:00 〜午後6:30
休廊日:火(予約営業)・水


アーティスト
Japanese/English/Chinese
周 豪(しゅう ごう)

1960 中国上海に生まれる
   現在神奈川県横浜市在住
1983 私費留学にて来日
1990 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了
2004 早稲田大学芸術学校非常勤講師
2005 ワークショップ特別講師(宇都宮美術館)
                       もっと詳しく

作品制作

 周 豪は、1960年に中国・上海に生まれ、高校卒業後日本の美術大学に入学して版画と油彩画学び、現在横浜を拠点に活動しています。彼は80年代後半からリトグラフという版による抽象的なイメージの作品制作を始め、90年代半ばには、版画であるにもかかわらず版そのものが残らないモノタイプの表現に手を広げ、2000年に入ると、版そのものから離れたドローイングにも活動領域を拡張して現在に至っています。


 「‥‥‥イメージが出来ていたら、なにが描きたいか分かっていたら、何もわざわざ描く必要がない、‥‥‥。‥‥‥‥‥(頭の中にある)イメージ通りのものを描くことは、僕にとっていわば結末のわかった推理小説を読むようなものである。」このように語る周の創作は行き着くところ「即興性」に最大の特徴があります。描かれていく筆の軌跡から描いていく軌跡が決まるという限りない循環の繰り返しによってイメージが形を成していきます。その筆の痕跡により生成された絵の具の起伏の厚みが、版という形で写し取られることによりすべて均一に平面化され、その結果筆触として浮かび上がってくる描き手の情念がクールな平面に還元されます。そこに、彼独特の「熱い即興とクールな情念」の痕跡が生み出す、「描いたものでもない、描かれたものでもない新たなイメージ平面」が浮かび上がってくるのです。

周さんのアトリエ




 彼が版の中でもリトグラフを利用じ始めたのは、このような創作の本質が彼にフィットしていたからに他なりません。リトグラフは、ペンや筆で紙に描くように日常の道具で石灰石(亜鉛 (ジンク) 版もある)に描くことで版を制作できる技法であるため、予め描くモチーフや画面構成を構想しておく必要がありません。モノタイプも同様に金属や紙などの上に絵具などで直接描いて 乾かないうちに紙など)に写し取る技法であるため、 即興的なイメージが生々しく再現されます。



トップアーティスト企画/報道
ショップ
プロジェクトや企画展のお問合せは
TEL 0877-24-0927
E-mail:info@artland-gallery.jp


ご購入のお問合せ/ご相談は
TEL 0877-24-0927
E-mail:sales@artland-gallery.jp


あーとらんど ギャラリー/ARTLAND Gallery は、
あーと」との素晴らしい出会いを育む「らんど」として
皆様のお役に立てることを願っています。

Copyright(C) 2004 ARTLAND Gallery Co.,Ltd All rights reserved.

Artland