営業時間:午前10:00 〜午後6:30
休廊日:火(予約営業)・水


企画展 > 周 豪 展


周 豪 展   プレスリリース(2010)



11


 ■ 周 豪(Zhou Hao) 略歴

 1960 中国上海市生まれ
 1988 武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画コース卒業 
 1989 日本政府(文部省)奨学金を受ける
 1990 武蔵野美術大学大学院造形研究科
    美術専攻版画コース修了
 2004 早稲田大学芸術学校非常勤講師
 2005 ワークショップ特別講師(宇都宮美術館)


 主な個展
 2001、04、06、08 巷房(東京銀座)
 2003 上海新天地壱号会所(中国上海)
 2005 上海半島美術館(中国上海)
 2005 板室観光ホテル大黒屋(栃木県那須原)
 2000、04、06、08 あーとらんどギャラリー(香川県丸亀)
                         etc.
 その他香港、大阪、神戸、名古屋、高知、広島など各地で
 画廊による企画展、2008年5月現在まで計48回。

 主なグループ展
 1987 第十二回大学版画展(買上保存賞),
    町田市立国際版画美術館
 1997 クラコウ国際版画トリエンナーレ, ポーランド
 1997 リュブリアナ国際版画ビエンナーレ, スロベニア
 1998 第六回日仏会館ポスター原画コンクール, (佳作賞),     Bunkamula Gallery,東京渋谷
 2006 "Chinesische Perspektiven",Galerie     Ruhnke,Potsdam,Germany 
 2002,'03,'05,'06,'07 上海芸術博覧会, 中国上海
                         etc.
 主な収蔵先
 町田市立国際版画美術館(日本)、
 ポスター美術館(フランス)
 国立美術館(ポーランド)、
 武蔵野美術大学美術資料図書館(日本)
 Centre of international Graphic Work(ノルウエー)
 神州版画美術館(中国)、多摩美術大学美術館(日本)
                         etc.

1
 
 



             周 豪

         
      会期/2010年 9月16日(木)〜10月7日(木)
         10:00am〜6:30pm
      休廊/毎週火(予約営業)・水曜日
      会場/あーとらんど ギャラリー 
      出品/版画、墨絵、油彩、紙立体‥約30点


 あーとらんど ギャラリーでは、日本、中国(上海)を拠点に活動し、最近ではフランスの工房でも版画を制作している横浜在住の美術家、周 豪(Zhou Hao)の展覧会を開催致します。
 1960年に中国上海市で生まれた周は、88年に武蔵野美術大学、並びに同大学院で版画を学び、以後、東京と上海を中心に香港、大阪、神戸、広島ほか各地の画廊で個展活動を展開。2005年には上海半島美術館で大規模な個展、2008年にはフランスのレミー・プチアーリの版画工房で新たに銅版画(11枚)を制作、現在それらの作品はフランスと日本で紹介され、今回当画廊でも出品致します。

周豪の新作銅版画については、A3サイズを二つ折りにしたカタログ「十一点の銅版画 周豪のアルザスでの収穫」に、『「無意味性」の意味するもの 周豪の銅版画とその周辺』(益田祐作)という優れたテキストが掲載されています。著者の鋭い感性は、周豪の創作の行為が『形なきものの実在を透かし見ようとする東洋の「空」のグラフィスム』であると。それは、「意味をほのめかす形を否定することによって、行為だけで別の何ものかを成立させようと願っている」周豪の本質なのだと喝破しています。従って、周豪の作品に見られる形は、影であり、痕跡であり、余韻そのものだということになります。これは著者がいうように、周豪は「余白を描いている」からに他なりません。

 周豪は近年油彩画も手がけています。当初は版画の図柄をキャンバスの空間で再構成する作品でしたが、昨今は、図柄といえるものが殆ど消えて、分割された色面に僅かな細い線が見られるような、「幽玄」な雰囲気を漂わせる作品になっています。周豪の到達したこの幽玄の境地がどこから生まれてくるのか、絵肌と絵画空間から考えてみます。
 まず絵肌については、旧来の絵の具を溶き油で濃度を調整して滑らかで硬質な絵肌を作る方法から離れて、チューブから出した絵の具で直接小さい色面を並べ、かつ重ねることによって、陰影のある柔らかな雰囲気の絵肌を生み出しています。
 一方絵画空間は、大きな色面で空間を構成する従来の方法から一転して、小さな色面の塗り重ねで空間を生み出すと同時に、塗り残した処を線という形に表しています。この線は周りの空間からすれば余白のようなもので、通常の場合の実体と余白の関係が逆転しています。周豪は東洋の余白の概念を反転させることによって、「空」という存在を際立たせています。

 今回のあーとらんどギャラリーの個展では、2000、2004、2006、2008年に続き5回目になります。出品作品はフランスの版画工房で制作された銅版画に加えて、オリジナルドローイング画を3次元にした紙立体、近年精力的に取り組んでいる油彩画、並びに墨絵(一部を表装している)を合計約30点出品致します。是非多くの方にご来廊いただきますようご案内申し上げます。

                               敬具


                        (文責:山下高志

 



あーとらんど ギャラリー/ARTLAND Gallery は、
あーと」との素晴らしい出会いを育む「らんど」(土地)として、 皆様のお役に立てることを願っています。


ARTLAND Gallery |トップアーティスト企画/報道ショップ
プロジェクトや企画展のお問合せは  info@artland-gallery.jp
11
11
11
Copyright(C) 2009 ARTLAND Gallery Co.,Ltd All rights reserved
受 付 TEL 0877-24-0927 FAX 0877-56-1568
アートランドギャラリー