営業時間:午前11:00 〜午後7:00
休廊日:毎週水曜日


企画展 >浅原千代治 吹きガラスグループ展


浅原千代治 吹きガラスグループ展   プレスリリース(2009)



11

(撮影・高橋 章)

■ 浅原千代治(あさはら ちよじ) 略歴

 1969 大阪 三友硝子工芸(入社)
 1971 大阪芸術大学 講師(工芸科)
 1979 北海道小樽にグラススタジオ設立
 1989 藤ノ木古墳とその時代展 復元品制作協力
 1993 「‘93ビアグラス・オブ・ザ・イヤー」
     ジョッキ部門銀賞受賞
 2005 大光電機梶@照明ペンダントデザイン始める

モニュメント制作
 1987 札幌市水道局
 1988 白糠商工コミュニティーセンター
 1992 小樽運河プラザ
 1993 桂ゴルフ倶楽部
 1994 新日本海フェリーターミナル
 1995 小樽協会病院
 2002 自衛隊北部方面創隊50周年記念
 2003 札幌 大丸百貨店

所蔵
 天皇陛下、 皇太子殿下、 秋篠宮殿下、
 ロシア美術館
 トレドガラス美術館
 京都国立近代美術館
 ルイジアナ美術館
 コーニング美術館

現在
 ジャパンアートソサエティ会長
 札幌芸術の森ビアマグランカイ審査委員長

活動
 日本のガラス展など様々な展覧会に出品。毎年個展、
 グループ展を全国で展開。1983年にアメリカ、
 1985年にヨーロッパなどでレクチャー、
 デモンストレーション等を行う。
 また、数々のガラスの公募展の審査委員を務める。
                         以上

1
 
 


      浅原千代治 吹きガラスグループ展
         
    会期/2009年 6月4日(木)〜 8月16日(火)
       11:00am〜7:00pm 休廊:6/10(水)
    会場/あーとらんど ギャラリー 
    出品/花器、菓子鉢、食器、茶碗、各種グラス 他…約80余点

 あーとらんど ギャラリーでは、浅原千代治さんと、そのグループの工芸家
による吹きガラス展を開催致します。彼らは、現在小樽に設立した工房を拠点
に活動しています。 
 
 ザ・グラススタジオと名付けられた彼らの工房は、小樽の町から天狗山へ向
かう山麓にあり、周りの風景とよくマッチしたその瀟洒な建物の中では、日々
新たな作品が生み出されています。
 工房の歴史は1979年、ガラス工芸家・淺原千代治と 6人のスタッフにより
設立されたスタジオグラス工房から始まります。「ガラス工芸をより多くの人
に知ってもらい、本当の手造り硝子の味わいを感じて戴くことを 目標(1)」と
ホームページに記載されているように、一度使うと手放せなくなり、恰もその
ガラスのカタチに沿うように手のひらや唇が無意識にそのカタチをトレースし
てしまう、このフィット感が彼らのいう「手造り」の生命です。

 今回の展覧会では、花器、菓子鉢、食器、茶碗、各種グラスなどの様々な色
彩と楽しい形の吹きガラス作品を約80余点展示致します。「今まで一般に公開
されることのなかった、吹きガラス創作・技法をオープンにし、体験もしてい
ただく事の出来るスタジオグラス工房(2)」で活動している、浅原千代治、 上浦
斉、影山勝博、 佐川光信の作品を、是非お楽しみいただきますようご案内申し
上げます。
                                 敬具

註(1)(2);ザ・グラススタジオのホームページより引用。

                          (文責:山下高志)

 



トップアーティスト企画/報道
ショップ
プロジェクトや企画展のお問合せは
TEL 0877-24-0927
E-mail:info@artland-gallery.jp


ご購入のお問合せ/ご相談は
TEL 0877-24-0927
E-mail:sales@artland-gallery.jp


あーとらんど ギャラリー/ARTLAND Gallery は、
あーと」との素晴らしい出会いを育む「らんど」として
皆様のお役に立てることを願っています。

Copyright(C) 2004 ARTLAND Gallery Co.,Ltd All rights reserved.

Artland