営業時間:午前11:00 〜午後7:00
休廊日:毎週水曜日

 
企画展 > 関 正和展
関 正和
プレスリリース(2005年)


関 正和 『風景』
油彩 F30 2005

略歴
関 正和

1933 香川県丸亀市に生れる
1948 香川県展奨励賞受賞
1950 行動美術展入選
1952 自由美術展入選
1954 上京、井上長三郎先生に師事
1957 自由美術協会会員となる
1968 自由美術展自由美術賞受賞
1969 現代美術選抜展(文化庁)出品
1982 東京展賞受賞
1985 香川県展審査員となる
香川県文化会館に作品収蔵
1986 ヨーロッパ滞在(フランス、
イタリア、スペイン、イギリス)
1992 香川県文化会館にて個展
1994 丸亀市立資料館にて個展
2001 Galerie Lichtblickにて個展
(ベルリン)ヨーロッパ滞在
(ドイツ、オランダ、チェコ)
■現 在:自由美術協会会員

関 正和 展

     会期/2005年10月1日(土)〜 10月23日(日)
        11:00am〜8:00pm(土・日・祝 6:00pm)
        休廊:10/5(水),11(火),12(水),19(水)
     会場/あーとらんど ギャラリー 
     出品/油彩 ‥‥‥ 約30点



 あーとらんど ギャラリーでは、関 正和さんの新作油彩画の展覧会を開催します。関さんは、1933年に丸亀に生まれ、現在東京を拠点に活動しています。
 今回の個展を前にして、最近の制作上の感想をを書いていただきましたので、以下に紹介します。

          「根太い造形をするために」
             (文:関 正和)

 我々の先輩達も、ヨーロッパでの勉強の後、帰国してからの日本の自然をモチーフにしての仕事はみんな苦労したようだ。ヨーロッパのものをモチーフにするとあたかも、絵になっているような錯角を覚える時がある。しかし、それは真に絵になっていない場合が多い。

 必要に迫られ、つまり、一般の人々にみせるために、自然をモチーフにした具象にとり組むようになった。始め油絵になりにくいと思い込んでいた日本の自然が描いていると面白くて仕方がない。

 自然をみて具象の制作のあまりのむつかしさに半具象になったり、抽象的になって行く。それが、全部悪いとはいえないが、だんだん、頭の中だけの造形の分量が増し、うわすべりになったり、作りものになっているのに気が付く。このむつかしさをかかえながらも根太い造形をするために今一度、自然に目をむけさせてくれた機会に感謝している。
                            (以上)

 今回の展覧会では、サムから10号までの新作の油彩画20余点に、20号、30号作品の出品を予定しています。近年半具象の静物や風景のイメージに新境地を切り開きつつあります。是非お楽しみいただきますようご案内申し上げます。 尚、下記の企画展講座を開催しますので、是非多くの方にご参加いただきますようご案内申し上げます。

                              敬具

■ 企画展講座募集!!

『絵になる、絵にならない』
〜外向け・内向け〜

外向け”(対象物をみた印象の絵、から”内向け”(造形の意識)の絵、すなわち面白いと思ったものを画面全体に構成する試みを行います。ぜひご参加下さい。

 ・ 日  時 : 10月2日(日)午後2:00〜4:00
 ・ 講  師 : 関 正和
 ・ 募集人数 : 約20名
 ・ 参加費用 : 2000円(材料代含む)
 ・ 申込締切 : 
9月30日(金)まで
 ・ 会  場 : あーとらんど ギャラリー
 
・ 申 込 先  : TEL0877-24-0927
          info@artland-gallery.jp



トップアーティスト企画/報道
ショップ
プロジェクトや企画展のお問合せは
TEL 0877-24-0927
E-mail:info@artland-gallery.jp


ご購入のお問合せ/ご相談は
TEL 0877-24-0927
E-mail:sales@artland-gallery.jp


あーとらんど ギャラリー/ARTLAND Gallery は、
あーと」との素晴らしい出会いを育む「らんど」として
皆様のお役に立てることを願っています。

Copyright(C) 2004 ARTLAND Gallery Co.,Ltd All rights reserved.

Artland